世界のビール売上ランキングとは?メーカーTOP3をご紹介

スポンサーリンク

皆さんこんにちは!

今回は「世界のビール売上ランキングTOP3」をご紹介していきたいと思います。

世界のビール売上ランキングTOP3とは

【第1位】アンハイザー・ブッシュ・インベブ

アンハイザー・ブッシュ・インベブの写真

世界で最も売上率の高いビールメーカーは、ベルギーに拠点を置くアンハイザー・ブッシュ・インベブ。

何度も買収&合併を繰り返し現在のインベブになり、現在はビール業界の約3割ほどを占めているんです。

コロナビールやバドワイザー、バドライトなど多くの人が知っている銘柄を製造している会社になります。

【第2位】ハイネケン

ハイネケンの写真

世界で2番目に売り上げの高いメーカーは、オランダのメーカーであるハイネケンです。

日本でも有名な外国ビールの一つのため、名前を聞いたことのあるという人も多いのではないでしょうか。

現在170ヵ国以上で販売、約100ヵ国以上に製造工場を持つなどその人気はかなり高いんです。

【第3位】アサヒビール

アサヒビールの写真

インベブ、ハイネケンに次いで売上率が高いのは、なんと日本の会社であるアサヒビール。

ビール好きであれば一度は飲んだことのあるであろうアサヒスーパードライや、ビールだけでなく酎ハイや梅酒なども販売しています。

2011年いはビール業界のオスカー賞とも呼ばれる「BIIA」を受賞するなど、その人気は日本国内だけでなく世界中に広まっているのです。

日本国内で人気のビールメーカーとは?

先ほどご紹介したように、日本の大手メーカーであるアサヒビールが世界で第3位に入るなど、ビール好きにとってはなんだか誇らしいですよね。

また、日本国内の売上ランキングに目を向けてみても、全体の約4割の売上を誇るアサヒビールがダントツなんです。

売上率9年連続トップを走り続けているアサヒビールですが、そのあとにはキリンビールやサントリービール、サッポロビールなど有名なメーカーが続いています。

もちろんこの4社以外にも日本のビールメーカーは存在していますが、実はこの4社の占める売上率は全体の99%にも上るなど、かなりの割合を独占しているんです。

私たちがよくスーパーなどで見かけるものは、やはりそれだけ人気があるということなんですね。

まとめ

今回は「世界でのビール売上ランキングや日本で人気のメーカー」についてご紹介してきました。

M&Aを繰り返し誕生したアンハイザー・ブッシュ・インベブがビールの売上ランキング世界No,1

日本のアサヒビールは国内だけでなく世界でも人気を集めている

PUSHUPは東京都秋葉原の「世界のクラフトビールで世界一周ができる」旅ダイニングです。

世界のビール40種や世界中のグルメを堪能でき、旅好きと繋がることができるお店です。

気になった方は下記のリンクをチェックしてみてくださいね!

世界一周旅ダイニング居酒屋PUSHUP

スポンサーリンク
ご予約はこちらから