世界一美味いビールって?お気に入りを見つけよう

スポンサーリンク

皆さんこんにちは!

今回のテーマは「世界一美味いビールの豆知識や、お気に入りを見つけるポイント」をご紹介します。

世界には約10,000種類ものビールが存在する

日本のコンビニやスーパーで購入できるビールは、多くても数十種類ほど。

しかし世界には約10,000種類ものビールが存在しており、原材料や製造国によってその特徴もさまざまなんです。

例えば、日本で流通しているビールの多くは黄金色で、のどごしや苦みなどが特徴のものが多いですよね。

ですが世界では白色や黒色のビールが飲まれている国もあり、フルーティーな味わいや濃厚な味わいのものなど、ビールの種類は本当に豊富なんです。

シェア数No,1=世界一美味い ではない!?

先ほど少しご紹介したように、世界には数えきれないほどの種類のビールが存在しています。

にも関わらず、普段スーパーなどで見かける銘柄が同じものばかりなのには「日本国内での人気」が大きく関係しています。

海外の珍しい銘柄を店に置いても、購入する人がいなければ全く意味がないですよね。

どのお店にも置いてあるということは、それだけその銘柄の需要が高いということを表しています。

ですが、人気=美味いというわけではありません。

もちろん人気ということは多くの人が美味いと感じていることに変わりはありませんが、美味しいかどうかを決めるのは自分自身です。

世界一美味いと噂のビールだとしても、自分が美味しくないと感じたら世界一とは言えないですよね。

ビールは種類によって味や匂い、後味などが異なり、その種類も本当に豊富なため、好みも分かれやすいと思います。

そのため、いくら他人が美味しくないと言ってもあなた自身が一番美味しいと感じるのであれば、それこそが世界一美味いビールであると言えるのです。

お気に入りのビールを見つけるポイント

ビールは種類によってかなり違いがあり、飲む人によって好みや感じ方にかなり差が出ますよね。

ですが沢山の中からお気に入りの一つを見つけ出すとなると、どんな点に注目して探したら良いのかなどとても難しいと思います。

そこで、お気に入りのビールを見つける時のポイントについていくつかご紹介していきます。

①自分の好みを理解する

ビールを選ぶ際に一番に注目する人が多いであろう味は、お気に入りを見つける上でもとても重要です。

苦みが特徴的なものや、フルーティーな味わいから比較的ビールが苦手でも飲みやすいものなど、さまざまな味わいがあります。

そのため、どれか一種類を基準として「苦みが少ないほうが好みだな」「スッキリと飲みやすい方が好きだな」といったように、自分の好みの味を見つけてみましょう。

そうすることでビール選びの軸が固まり、たくさんの種類をかなり絞り込むことができます。

②その時の気分に合わせてみる

日本で多く売られている黄金色のビールは、暑い日などにごくごく飲みたくなるようなキレが特徴的ですよね。

しかし世界のビールを見ると、濃厚で味わい深いものやゆっくりと味わって飲みたいと思うようなビールも存在しています。

そのため、その時の自分の気分に合わせて選んでみるのも良いでしょう。

まとめ

今回は「世界一美味いビールについてやお気に入りを見つけるポイント」について紹介していきました。

世界には約10,000種類ものビールがある

自分が美味しいと感じるものこそ世界一美味いビールである

自分好みの世界一美味いビールを見つけるには味や自分の好みに注目する

PUSHUPは東京都秋葉原の「世界のクラフトビールで世界一周ができる」旅ダイニングです。

世界のビール40種や世界中のグルメを堪能でき、旅好きと繋がることができるお店です。

気になった方は下記のリンクをチェックしてみてくださいね!

世界一周旅ダイニング居酒屋PUSHUP

スポンサーリンク
ご予約はこちらから