黒ビールはなぜ黒い?ビール専門店が語る

スポンサーリンク

こんにちは〜!
旅大好き!ビール大好き!
秋葉原のビール専門店、世界一周旅ダイニングスタッフのAIです☆


今日はお客さんからの質問も多い、『黒ビールはなんで黒いの?』についての解説と、私のイチオシ!おすすめ黒ビールも紹介しちゃいまーす!

黒ビールってご存知ですか?
通常のビールと大きく違うのは、真っ黒な色!
なんで真っ黒なの? 気になるけどちょっと怖い、どんなものがあるか分からない…とお悩みのあなたも、これを読めばきっと挑戦してみたくなるハズ!

黒ビールとは?

なぜ黒いのか?

黒ビールとは、ビールの種原料である麦芽、水、ホップ、酵母のうち麦芽を焙煎したもの。焦がした麦芽を使用しているため、真っ黒な見た目になるのです。

色の違いは麦芽を焙煎した時間によって大きく異なります。キツネ色のカラメル麦芽、チョコレートのような色のチョコレート麦芽、真っ黒な黒麦芽など多くの種類があり、色だけではなく風味まで変わってきます。

真っ黒なのは、ビールの材料である麦芽が焦げたからなんだね!
それが独特の色と風味を醸し出しているのか〜

黒ビールの中にも、色々な種類がある!

黒ビールにも様々なスタイルがあり、大きく分けてポーター、スタウト、デュンケル、シュバルツと4つのスタイルがあります。
甘めで濃い味わいはポーターやスタウト、比較的ドライでさっぱり頂けるのがデュンケルやシュバルツ。

スタイルや製造方法、国によって大きく異なる味わいは、ビールの奥深い世界を垣間見れるかも!?
さっそくご紹介していきましょう〜!

一般的に黒ビールは味が濃くアルコール度数も高めだから、
最初の1杯は白ビールやアジアの軽い味わいのビールから始めて、中盤〜最後に飲むのがおすすめだよ!(味の濃いビールから飲むとさっぱりしたビールの味が分からなくなっちゃうからね…)

キンキンに冷やさずにぬるいままで飲むのも、黒ビールのまったり濃ゆ〜い味わいを楽しめておすすめの飲み方だよ。

ビール専門店スタッフAiのおすすめ黒ビール10選

さてさて!私のおすすめ黒ビールをどどんと紹介するよ〜
初心者さんから玄人向けまで、美味しい黒ビールを試してみてね〜!

1.ギネス(アイルランド)

黒ビールといえば、の定番アイルランドのギネス!

いわずと知れた黒ビールの王様。

麦芽を焙煎した香ばしい味もさることながら、ギネスは泡までとてもとてもおいしいビールです。

誰もが一度は飲むべき黒ビール!

コーヒーやカカオのような香ばしさに、カプチーノのようなクリーミーな泡。ちょっと苦味もあって、ビールの奥深さを感じられます。

世界のクラフトビールの中でも人気のギネスの紹介。アイルランドのビールです。世界一周旅ダイニングPUSHUP秋葉原本店のビール辞典です。

2.クスケーニャダーク(ペルー)

黒ビール初心者におすすめしたい! 

クスケーニャダークの吸い込まれるような黒はトーストした黒モルトによるものです。

このネグラの特徴は何といってもその甘味。

普通のビールよりも甘味が強い場合が多い黒ビールですが、このクスケーニャ・ネグラの甘味は予期せず飲むと驚くほど! コーラのような甘みはジュースのようにそのまま飲めそうです。

トーストされた黒モルトの香ばしさが際立ちますが、苦みは強くありません。

泡は非常になめらかでクリーミー!

世界のクラフトビールの中でも人気のクスケーニャダークの紹介。ペルーのビールです。世界一周旅ダイニングPUSHUP秋葉原本店のビール辞典です。

3.パトラッシュ(ベルギー)

まずはラベルをご覧ください、ネロとパトラッシュの何とも言えない哀愁が漂っています。

キャラメルのような甘い味わいですが、ボディが重ためのビールです。

なんとこのビール、同じブルワリーから「ネロズ・ブロンド」というビールも出しています!

世界のクラフトビールの中でも人気のパトラッシュの紹介。ベルギーのビールです。世界一周旅ダイニングPUSHUP秋葉原本店のビール辞典です。

4.サミエルスミス・オートミール・スタウト(イギリス)

まるでビールを燻製したかのようなスモーキーな味わい。

いやな苦みもなく、かといってライト過ぎる味でもなく、バランスのよいビールです。

ラベルがまたかっこよい!

世界のクラフトビールの中でも人気のサミエルスミスおートミールスタウトの紹介。イギリスのビールです。世界一周旅ダイニングPUSHUP秋葉原本店のビール辞典です。

5.エルディンガーデュンケル(ドイツ)

デュンケルはドイツ語で<濃い、ダーク>の意味。

色合いは限りなく黒に近く、味わいはビターで、まるでショコラの様にリッチでまろやか。

きめ細かいクリーミーな泡立ちとともにお楽しみください。
黒ビール特有の深いコクと、小麦ならではの甘みが絶妙なハーモニーが奏でる、エルディンガーが誇るオリジナル黒ビール。

チーズやステーキなど肉料理との相性は抜群!

世界のクラフトビールの中でも人気のエルディンガーデュンケルの紹介。ドイツのビールです。世界一周旅ダイニングPUSHUP秋葉原本店のビール辞典です。

6.マオウネグラ(スペイン)

黒ビールですが、キレがあるドライな黒ビールです。

ギネスのようなもったりとした黒ビールが苦手な方は、このマオウネグラをぜひお試しください!

きっと同じ黒ビールでもまったく違う味わいを感じることができます。

世界のクラフトビールの中でも人気のマオウネグラの紹介。スペインのビールです。世界一周旅ダイニングPUSHUP秋葉原本店のビール辞典です。

7.アンカーポーター(アメリカ)

ポーターと呼ばれる種類の黒ビールです。

このアンカーポーターは苦みの強いビールですが、コーヒーのような香ばしい香りがします。

コーヒー大好き!ビール大好き!という方には夢のようなビールです。

世界のクラフトビールの中でも人気のアンカーポーターの紹介。アメリカのビールです。世界一周旅ダイニングPUSHUP秋葉原本店のビール辞典です。

8.デイ・オブ・ザ・デッド アンバーエール(メキシコ)

見た目も味も楽しめるおすすめビール!

“死者の日”のシンボルである骸骨やマリーゴールドをあしらったオリジナリティ溢れるパッケージと、個性豊かな味わいが特長。

トフィー、キャラメル、コーヒーの香りをもつ、ホップの香りがクリスピーな味わいの琥珀色のエールです。

世界のクラフトビールの中でも人気のデイオブザ・デッドアンバーエールの紹介。メキシコのビールです。世界一周旅ダイニングPUSHUP秋葉原本店のビール辞典です。

9.ネグラモデロ(メキシコ)

黒ビールのコクや強い甘みが苦手な人にもおすすめしたい、ライトめな味わい。

クリーミーな泡と繊細な香りを持ちながらも飲みやすいプレミアムラガー。 

ダークモルト、カラメルとホップのバランスのとれた風味と繊細な香りを持つウィンナースタイルビール(ダークラガー)。

褐色の外観に対してすっきり、サラッとして軽い甘みのある飲み口。

*ネグラとはスペイン語で「黒」の意味。

世界のクラフトビールの中でも人気のネグラモデロの紹介。メキシコのビールです。世界一周旅ダイニングPUSHUP秋葉原本店のビール辞典です。

10.ライオンスタウト(スリランカ)

あなどるなかれスリランカ! ライオンのデザインが目を引きます。

甘みのある香りが印象的で、カラメルのような、チョコレートやコーヒーリキュールに似た風味がします。

ガツンと濃厚、でもキレもあって、だんだん辛味も感じてくる…

かなり味わい深い黒ビールです。

アルコール度数が高いので要注意!

世界一周旅ダイニングでは、種類豊富な黒ビールが飲み放題!

いかがでしたか?

今回ご紹介したの黒ビールはほんの一部です。数多くある黒ビールの中でも、国や製造方法によって様々な味わいがあるので、お好みに合った黒ビールを見つけてみましょう。

黒ビールの濃い風味に合わせて、グリル料理や肉料理、煮込み料理のほか、コーヒーのような感覚で甘みのあるデザートに合わせるのも味わいの幅が広がります。

秋葉原世界一周旅ダイニングではなんと!40種類の世界のビールが飲み放題のコースがあるんです!
40種の中には黒ビールもたくさんあるから、ぜひ飲み比べてみて欲しい!
私とビールと旅の話しましょ〜〜!

秋葉原PUSHUPの海外ビール40種類ラインナップ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ご予約はこちらから