怒涛のスペイン〜歯医者編〜

スポンサーリンク

こんにちは、PUSHUPスタッフのメグです。

ここでは数年前に世界一周を試みたときの、旅の思い出などを綴っていきます!

綺麗な風景や、優しい人たち、美味し買ったもの、危ない目に遭ったり騙されたりしたことも…笑

興味をもったら、ぜひお店にも会いに来てくださーい! 一緒に旅のお話しましょうっ

さて、機内食を食べていたらドバイ上空で奥歯が欠け、ブルーな気持ちでマドリードに到着した私。

取り急ぎ宿を確保して、保険会社へ連絡…

すると、とりあえず歯医者の手配はしてくれることに。予約が取れるのが1週間後くらい。『機内食を食べていての事故』という扱いで、もしかしたら保険が降りる可能性があるとのこと。

1週間か〜、早くカミーノのスタート地点に向かいたかったが背に腹は変えられまい。

この間はマドリードを探索し楽しむことに。

さて、では本場のタパスとワインを楽しむために、サンミゲル市場へ!

ツヤッツヤのオリーブに、爽やかな甘さのサングリア!甘々のチョコレートにディップする熱々のチュロス!欠けた歯が気になるけれど。

あの巨匠ピカソの名画『ゲルニカ』が展示されているプラド美術館!(限られた時間だけ入場が無料に!)すげー!でけー!!!欠けた歯は気になるけれど。

近所のスーパーで迫力満点で立ち並ぶ生ハムの原木!!!!芳醇な香り!!!欠けた歯は気になるけれど。

…欠けた歯を気にし続けて1週間、ようやく指定された歯医者へ。受付はスムーズにいった。

しかし、保険会社から状況については担当医に説明がいっているものだと思ったが、どうやら何もわかっていないらしい。

おお、英語話せない私 VS 殆どスペイン語しか話せない担当医。

とりあえずレントゲンを撮るが、「No Problem !」とのこと。いやいや、プロブレムだらけだわ。ちゃんと見てくれ。

宿で調べて事前に打ち込んできた英語、「I missed a tooth!!!!!」を声高に叫ぶも、通じていない。

口あけてここやで!ここ!!!!と指突っ込んで説明すると、「ああ!」と納得し、何故かちょいちょいっと削り出し、爽やかな笑顔で「Done!」

…え、終わり???何した今???ちゃんと見てんのか???そのまま笑顔で受付に通され、え、いやいやおいおい。

再度「I missed a tooth!!!!!」を連呼し、「painだから!ここ!!painなの!!You understand !!!!??」としつこく粘り、

医「pain?」

私「そうpain!ここね!奥!!」

医「oh~ pain pain」

私「イエスペインペイン!!!!」

…と攻防を繰り広げ、やっと樹脂の詰め物をして貰えたのでした。

あ〜あの医者の超めんどくさそうなカオ、一生忘れられない。

治療費は65€くらい、当時だと7000円ちょいくらい。まあ保険が降りるだろうと診断書をもらい保険会社へ転送。

すると、「すみませんが、虫歯の治療をされたということで保険適応外になります…」

あれか!最初適当に削られたやつか!!!!!

なんだんだもー!!!!!!頼んでないわっ

意気消沈で先が思いやられまくりながら、カミーノ最初の地、フランスはサン・ジャン・ピエデ・ポーの街へ向かったのでした。

続く!

スポンサーリンク
ご予約はこちらから