ググり力(りょく)!

スポンサーリンク

最近仕事ってググることと同じだなーと感じている私。

分からないことがある時、手元のスマホでとりあえず検索するじゃないですか。
最初の1ページ目の情報見て、分からなかったらまた違うワードで検索して。

例えばインド行きたい!と思ったら『インド 旅行』で調べる。

え、検索窓入れただけで危険とか下痢とか出てくるんだけど…笑

1ページ目をスクロールして、タイトルに興味持った記事をクリックして読んで、ビザとかが必要なのか、物価はこれくらいなのか、交通手段は、乗り換えは…とまた更に考えるべき項目が増えた。

いや、さっきの危険とか下痢とかもなんなんだ。気になる。

調べてくとインドを旅したバックパッカーの壮絶な旅行記ブログやまとめがわんさか出てきたりして…

おいおい、物騒なタイトルばっかりじゃないかー!
行こかな、やめよかな、その判断をするのは自分次第だけど…

けど(2013年当時)ものすごーく大変なインドビザ申請を茗荷谷までしに行って、というかパスポート作るところから始めて、郵送申請だとビザ間に合わないから埼玉から遥々神奈川藤沢市の市役所まで往復4時間かけて本籍証明書取りに行って、ビザセンターでは無愛想なおばちゃんインド人に5回くらいリテイク食らって2週間くらい通い詰めて、…とかやって初海外はインドだったんだよなあ。

メヘンディヘナを受ける私の手

あ、で、仕事の話に戻ると。

例えば新メニュー作る!と息巻いても、考えるべきことっていうのはたくさんある。
料理以外にも、味も見た目もサービスもジャンルも、、

自分の目線だけで分からないものは、その決定権を持つ人へ聞く。そしたら答えに対して考えるべき事が明らかになる。原価・売価、作る手順や仕込み、提供スピードetc…

また項目増えた。で、自分なりに考えて、提案して、リテイク食らって、けどまたひとつ答えには近づいていて…

完成されたものを完璧に最初から出せるならいいけど、まあそんなことないんだから。
けど、これって検索行程と全く一緒!インド行く時と同じ!

インドに行きたい!と思ったら、1秒後デリーに着かないでしょ。持ってくもの準備するもの航空券ビザ、いろんなもの『検索して調べて』手配して、家出る前に最寄りの駅から出る成田までの電車の乗り換え調べるでしょ。成田に着く時間はチェックインの最低1時間前になるように逆算していろんなものの手配するために動くでしょ。インドに行くのは目的だけど、詐欺とか事故に巻き込まれないで無事帰るために事前知識はWi-Fi繋がるギリギリのところまで頭に入れるでしょ、

あーなんか自分で書いてて感銘受けちゃった。っはーーー!笑

まあ要は、ググる、検索する=コミュニケーションってこと。それが仕事。
求められていること、ベストな答えは検索窓に入れな分からん!聞かな分からん。
いつまでも日本どころか家からも出れず、インドのあの激やばダーティー壮大ミラクルハッピーな風景を体験することは出来ないんだぞー

スポンサーリンク
ご予約はこちらから