ブリュードッグパンクIPA【スコットランドビール】世界のクラフトビールおすすめ

世界のクラフトビールの中でも人気のブリュードッグパンクIPAの紹介。スコットランドのビールです。世界一周旅ダイニングPUSHUP秋葉原本店のビール辞典です。
スポンサーリンク

秋葉原にある世界一周旅ダイニングPUSHUPでは、常時60種以上の世界のクラフトビールを取り揃えております。

ここでは、珍しい世界のクラフトビールの味わいや豆知識をご紹介。

あなたもクラフトビール博士になれるかも!?

ビールが大好きな『ガロくん』と、クラフトビールのうんちくを語らせたら右に出るものはいない『ソールさん』の軽妙な掛け合いと共に、奥深いビールの世界を覗き見ましょう!

きっとあなたも世界のビールが飲みたくなるはずっ!そして、旅に出たくなるはず!

スコットランドのビール!?

スコットランドといえば、ウイスキーのイメージが強いけどブルワリーは国内に1000以上もあるんだよ。

え〜どんなのがあるんだろう…

ブリュードッグパンクIPA がオススメかな〜

なんか強そうな名前…!

”一般的なラガービールの40倍以上のホップを使う”というのがコンセプトで、大量のホップを贅沢に使った、採算度外視のビールなんだ。

へえ〜美味しそう。グラスに注いで…色は濃いオレンジ色だ。

ゴクゴク…んんん!!?苦い!けど、すごくフルーティーな苦味がする!

グレープフルーツのようなフルーツ系の苦味だよ。

南国果実やグレープフルーツを彷彿とさせるのは、ホップ由来ならではの味わい。

フルーツぽさもありながら嫌らしくない苦味はガツンと感じられて、爽やかだよね!

うん、随所にこだわりを感じる。まさしくクラフトビール!

ちなみにIPAの起源は、India Pale Aleの略で、その昔大航海時代にイギリスからインドへビールを運ぶ際に、ビールを長持ちさせるために大量のホップを入れたのが始まりなんだ。

品質管理対策だったのか〜!なるほどなあ〜

蓋を開けた時の爽やかなホップの香りと、飲んだ時の苦味のギャップがたまらないよね!

まさしくパンク!!

ブリュードッグパンクIPA紹介
アルコール度数 5.6%

IPAとは、India Pale Aleの略で、その昔、大航海時代にイギリスからインドへビールを運ぶ際に、ビールを長持ちさせるために大量のホップを入れたのが始まり。

ボトルを開けた瞬間華やかなホップの香りが広がり、その香りとは裏腹に強い苦みを感じることができるビールです。

スポンサーリンク
ご予約はこちらから