フランス【世界一周旅ノートブログ】あんみの旅

世界一周の旅ノート。フランス、パリの旅行記。世界一周旅ダイニングPUSHUP秋葉原本店の世界一周旅ノートです。
スポンサーリンク

秋葉原にある世界一周旅ダイニングPUSHUPでは、これまでにお店に遊びに来た旅人たちが『世界の旅の楽しかった話や情報をシェアしたい!』という思いで、手作りの旅ノートを作ってくれました。

お店にくる他の旅人たちやお客さまたちが、この旅ノートを読んでこれから行く国の旅の情報をss仕入れたり、旅の思い出話に花を咲かせる、世界でたった一つのステキな作品です。

そんな旅人たちの思い出を、旅とビールが大好きな『ガロくん』をファシリテーターに、インタビュー形式で一挙ご紹介してみました。

これを読めばあなたも旅に出たくてウズウズしてくるはず!

旅の話をシェアしたい!という旅人のあなたは、こちらの記事をぜひ読んでみてくださいね!あなたの旅の経験が、PUSHUPで使える通貨になりますよ〜!

美食・美術の国フランス〜!

1日しかいなかったんだけどね〜

え、フランスで1日!?

なんでなんで!?

アフリカ(ガボン)へ行く時の乗り換えがフランスだったから。せっかくの乗り換え、13時間空港で待つなら、フライト便はやめて、フランス滞在を24時間に→そしたらパリ市内まで行って観光できちゃう!と思ってさ!

そんな欲張り心でパリ市内観光しちゃいました〜〜!!!

いいねいいね!

たった1日だけで見るフランスはまた違う目線で観光できそう!

朝5:30にシャルル・ド・ゴール空港着。スーツケースを持って観光はできないから、凱旋門の近くのホテルを予約していて、朝8:00無理やりチェックイン(笑)、交渉すれば、なんとかなった(笑)

パリ市内をくまなくみて回りたいので、ガイドブック片手に、フライト中にねった案を敢行したよ〜

さすが、やっぱり旅は計画が大事よね〜

電車にのって、アメリの舞台になったお店でクリームブリュレとカフェオレで朝食。

まあでも私、アメリみてないんだけどね(笑)

観てないんかーいっ!

その後、歩いてモンマルトルの丘に。

道に迷っていると、サンクトペテルブルクからきた40代くらいの女性2人が声かけてくれて、一緒にサクレクール寺院へ行ってくれたの!

サクレクール寺院は、白い綺麗な教会なんだ。

寺院の頂上でパリ市内を一望していると、ダイヤモンドリングを片手に、プロポーズしているカップルが…素敵な光景に朝からハッピー!

うわあ〜素敵!!!!

その後、パリに唯一残る葡萄畑をみて、駅までひたすら歩く!

石畳の道に、小洒落たカフェに、小学校、住居の出窓に置かれている植物。これぞヨーロッパに来た!という雰囲気が素敵だったな。

パリの人々の生活が見えたよ。

観光もいいけど、その国の何気ない生活を眺めるのもまた良いんだよねえ。

その後は、ノートルダム大聖堂へ。

ノートルダム大聖堂では、壁の彫刻を1つ1つ掃除していて、文化財ってこうやって守られていくんだと感動したよ!

へえ〜!そんな場面にも立ち会うことが出来たんだねえ。

もちろんフランスグルメも堪能したよ!

歩き疲れたところで、日本にいる時にネットでチェックしておいたレストランへ。日本人の奥さんと、フランス人の旦那さんの経営するレストランでランチは18.5ユーロ。前菜、メイン、デザート。せっかくだからと、昼からシャンパンも注文して、最高の気分〜!

日本人にも優しく、メニューも日本語。

お店の名前忘れちゃったけど、行ってみて欲しいレストランの一つなんだ。

うらやましい、本場のフレンチ!

プチ贅沢もいいよね〜

パワーチャージしたら、セーヌ川、ルーブル美術館を超え、オペラ座を見て、シャンゼリゼ通りをひた歩いて。

そして出発地である凱旋門へ。夕暮れは、凱旋門の上で過ごしたよ。

シャンゼリゼ通りに光が灯り、パリの夜の始まり。それから、またエッフェル塔を目指して…

歩くねえ〜!

やっと辿り着いたエッフェル塔。東京タワーとは、また違った味わい。

エッフェル塔にエレベーターで上って、夜も更けたパリのイルミネーション。

凱旋門から四方八方に伸びる道をそれに沿った明かりは、なんとも言えなかったよ…もう一度見たいなあ。

たった1日だけなのに、物凄く凝縮された旅だったんだね。

凄いなあ、そしてその旅根性も天晴れ!

素敵なパリの旅のお話、ありがとう〜!!!

スポンサーリンク
ご予約はこちらから